読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうちエクササイズする上でおすすめのトレーニングアイテム

フィットネス エクササイズ

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160228224110j:plain

ジム通いが億劫になる寒〜い季節ですが、ちゃんとジムに通ってますか。正直、ちゃんとジム通いしている人って本当に少ないんじゃないかな。週2回来ている方はもう拍手喝采レベルです。ってことで、なかなか行けないんです…って方にオススメしたい、というか絶対にあったほうがいいトレーニング小物を紹介します。

おうちエクササイズであったほうが良いトレーニング小物

ぼくは自称ミニマリストですが、トレーニング小物はちゃんと持っています。もちろん全く使わないものはありません。その時のコンディションによって使い分けています。

実際、おうちでトレーニングしている人口ってそんなだと思うので、皆さんにとって長く続けられる「リカバリー」の分野のトレーニング小物を多めにピックアップしました。

リカバリー部門

まずは皆さん自身の歪んだお身体を本来あるべき状態に整えることから、ってことでリカバリー部門から。オススメは起床後、就寝前、疲労感を抱いた時に実施しましょう。

ノットアウト

個人的に最も好きなトレーニング小物。ぼく自身、パーソナルトレーニングの時にも、セルフトレーニングするときも必ず使用します。後ほど紹介するストレッチポールと比べるとぼくはノットアウトが好みです。ひとによって良し悪しもあると思いますので、好きな方をチョイスしてください。

イチオシ理由

ミニマリストとして、ものを選ぶ時に大切になってくる3つのキーワードをすべて満たしてるんですよね。

Simple.

なんでもないデザインですよね、弾力性のあるボールを2つ連ねただけ。すごいシンプルでごちゃちゃしていない。色のセンスとかはさておきになりますが…

Small.

そうこれ、小さなサイズならカバンにも入るので持ち運び可能です。おうちに置いてても一切かさばらないのが嬉しい。

Smart.

そしてなにより、ノットアウトでできるリリース種目の多さが魅力的。ストレッチポールみたいに寝転んだりする種目はできませんが、それ以外のリリース種目は大抵、ノットアウトでこなせてしまいます。

使い方については残念なお知らせ

これだけ持ち上げておいて…あれなんですが、残念なことにノットアウトって巷で有名かと思ってたらそうでもなく、YOUTUBEで動画探してみたんですが、ほぼ皆無…。ってことで2月上旬にノットアウトの効果的な使い方を、ぼくが実際にやって写真付きでUPしますので、それまで待っててください!

ストレッチポール

さあ、いまやジム通いしている健康意識の高い方々の大半は持っているんじゃないかな。それくらい大衆化したアイテム、ストレッチポールがランクイン。

イチオシ理由

ノットアウトに比べて、種目数も多いのがストレッチポール。なんせ縦にねっころがるだけで、正しい姿勢を意識しやすくなるってのも大きい。ぼくもストレッチポールの上でピラティスの種目を実施することがあります。場所がかさばるってところがマイナスかな。あとは店頭で購入して持ち帰る場合のストレス…笑。ネットで購入するのがベスト。

使い方(画像&動画付き)

こちらは有名どころなのでありました、ほっ笑。ストレッチポール公式サイトからアクセスできるので、まずはこちらから試してみることをオススメします。

リリースボール

リリース部門最後は、リリースボール。これは、簡単に言えば、ノットアウトをさらに手軽にしたアイテム。ただ、様々な業者が類似商品を作ったので、いろーんな種類があります。正直、なぜこんなに?って想いはあります。完全に売るために作ってるじゃん、ってのもちらほら。まずは何点か紹介しましょう。

  • ラクロスボール

うちのジムにもあるリリースボール。なんてちょうどいい硬さ、なんですよね。あと手触り?

  • アキュボール

ちょっとブツブツになっているのが特徴。ラクロスボールより柔らかいので、よりリラックスしたい人向け。温めて使う方法もあるけど、以前お客さんが、自宅用のものを一部、溶かしちゃったって話を聞きました笑

イチオシ理由

これはなんといってもおうちで、椅子に座りながら足元でコロコロして、足底筋膜のリリースができるところ。でも、安上がりに済ませたい人は、軟式野球のボールや、ゴルフボールでも済ませられます、ゴルフボールはきっと痛いけれど。あとは基本的にノットアウトの種目と同じようにできるところもいいかな。やりづらさがあるけれど、その分小さいからよしとしましょう。

使い方

こちらも動画で発見しました。足底部の活性化を促します。

エクササイズ部門

さて、エクササイズ部門に移りましょう。紹介するのは1点のみですが、これだけでも十分効かせられる優秀なアイテムです。

アブローラー

別名、腹筋ローラー。正しい動作を行うことができれば、かなり締まった腹筋に仕上げることが可能です。

イチオシ理由

シットアップなどのエクササイズよりこれがあるだけで、おうちでも一気に強度の高いエクササイズを行うことができるからです。歴代のMr.JAPANのファイナリストたちは全員、アブローラーを購入して大会までにカラダを仕上げてきたのです。

使い方

こちらは画像と動画で解説あります。ま膝つきver.で10回3セットから始めてみましょう。

まとめ

おうちエクササイズの質を上げるためには、トレーニング小物はあった方が短期間でコンディションを上げたり、運動強度を上げることができる。リリース部門に関しては、すべてを揃える必要はなく、好みのアイテムを1つ決めよう。物足りなくなった時にはじめて、別のトレーニング小物に手を出すように。オススメはノットアウトです。