読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「食材はネットスーパー」で済ませる方が買い物に行くよりも「抜群におトク」な訳

ミニマリズム アプリ・サービス

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160305163436j:plain

ミニマリストと名乗っておきながら、毎日スーパーへ食材を買いに行く人。そんなあなたはまだまだミニマリストとは呼べません。ナンセンスすぎます。本物のミニマリストなら、買い物に行く時間、購入する食材をすでに決めているはずです。

ミニマリストはオンラインストアを使うのが当たり前

みなさんも生活の中で当たり前となっているオンラインストアの活用。もはや活用というか、日常の中に溶け込んでいますよね、でもみなさんが一番多く買い物をするものって食材、ですよね。今日は何つくろう、からはじまり、でもこの食材が割高だから別の料理にしようかな、と紆余曲折したりしてませんか。

ミニマリストのぼくにとってはその一連の流れがちょっと面倒なんですよね。それをめんどうと言ってしまうと人間としてダメになっているような気がしますが…。まあ、それはいいとして、ミニマリストの僕としては食材の購入でさえもパターン化して、ネットスーパーでまとめ買いするようにしています。

ミニマリストがネットスーパーで買い物を済ませるとメリットがたくさん

ミニマリストのぼくのように食材をネットスーパーで購入することのメリットってたくさんあるんですよね。今回はそちらをご紹介します。ちなみに僕がいつも利用しているネットスーパーは、こちら。

購入する食材、食事のメニューがすでに決まっていると楽

実際に、ネットスーパーでの購入のみで日々の食事をまかなう僕は、毎食のメニューを基本的に固定しています。そうすることで食事について考える時間も食材を買いにいく時間も、メニューを頭を悩ますこともありません。もちろん、トレーナーなので栄養素はきちんと摂取しています。

一人暮らしの方は僕と同じように、食事のメニューと購入する食材をパターン化するとずいぶんと楽になりますよ。主婦の方はお子様がいたり、旦那様がいたりするとさすがにぼくのようなことはできませんよね。なので、一週間のメニューを決めてしまい、それに基づいて5日毎にネットスーパーで購入する、という流れがベストかと思われます。あらかじめ決めておくととっても楽ちん。

スーパーまで足を運ぶ時間がもったいない

基本的にネットスーパーで購入することで、主婦の方なんかは特に日々の買い物に追われる時間を大幅にカットすることができますね。それだけでなく、毎日の悩みの種だった、メニュー問題がなくなるので、ストレスからも解放されます。もちろん、特別なイベントがあるときは、スーパーに買いにいけばよいのです。そのときは、あれ買い物って楽しかったなと感じられるはずです。たまにやるから楽しい、非日常の出来事として買い物をすることができて、いいもんですよ。

食材をまとめ買いすることで節約になる

たとえば、僕が毎回利用している、SEIYUドットコムの送料は1回300円+税なんですよね。送料が無料になる条件は、「ネットスーパー便、SEIYU倉庫便」合わせて、5,000円以上の買い物をすること。基本的に、10日に一度のペースで注文していますから、5000円を越えるんですよね。そのため、僕の毎月の食費は基本的に15000円から20000円の間で収まることがわかります。もちろん、外食をしなければ、ですが…

毎日お買い物をしに行く主婦の方。よく考えてくださいね。まとめて購入するだけで、おうちまで時間指定で重たい食材を運んでくれるんですよ。ネットスーパーで買い物すれば、「スーパーに足を運ぶ時間」と「重たい荷物を持って帰る労力」をカットすることができるんです。活用しない理由が見当たりませんね。

日用品や食材の購入をパターン化するのがミニマリスト

買い物に関することは基本的にパターン化することによって、買い物に行く時間、食事メニューに悩まされるストレス、重たい荷物を持って歩くという労力を、買い物に行くときと同じコストで実現できてしまうのです。だったら、ネットを活用するほうが賢明ですよね。アマゾンは活用するけどネットスーパーを活用していないのなら、これを機に利用してみることをお勧めします。

日常生活で行っている作業でパターン化できるものはないか、という視点を持って生活してみると、ミニマム思考が身に付きやすいはず。以前にもパターン化についてはこちらの記事で書いていますので、ご参考までに。

ryosukedoi.hatenablog.jp

まとめ

お買い物って基本的に楽しいものだと僕は思っています。そこに強制力がなければ。何食べよっかなーと考えられるなら、今までと同じ通りにスーパーに足を運んだほうがいい。でも、ちょっと毎日食事について考えるのが手間に感じるようだったら、一度試してみる価値はあります。だめだったらやめりゃあええ話ですからね。