読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストになると「お金」「時間」「空間」「エネルギー」が増える

ミニマリズム 意見

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160410083659j:plain

ミニマリストになって何がよかったか、って自由につかえる事柄が増えたこと。資本主義経済に踊らされてばかりだと、いつのまにか自由は少なくなっていくので、むしろ利用するくらいの気持ちが肝心。今回は実際に何がどれだけ自由になったのかをまとめます。

ミニマリストになるだけで幸せにはなれないけれどメリットもある

ミニマリストになるだけで幸せになる、って思ってる方。思考停止状態になってますよー!そういう方は、○○すると幸せになる、という釣りタイトルに引っかかりやすい。気を付けてください。

ミニマリストになっても、モノを減らしても幸せになんかなるわけないんです。あなたが自分にとっての幸せが何かを知らなければ、手に入れられるものではありません。それに、幸せって「あり方」だから。

それでもミニマリストなライフスタイルを送れば、あなたの人生が幸せになるための準備くらいにはなります。土台づくり、ですね。幸せになるためには、自分にとって何が大切で、どれだけあればいいのか、を知ることが必要。そのためには、あなたの身の回りが整理整頓されていなければなりません。

ヨーロッパで活躍するプロサッカー選手である長谷部誠さんの書籍『心を整える』では、整理整頓についてこう書いてあります。

「ドイツには「整理整頓は、人生の半分である」ということわざがある。日頃から整理整頓を心がけていれば、それが生活や仕事に規律や秩序をもたらす。

ミニマリストになると得られる4つのメリット

ミニマリストになるために、あなたがやるべきことは、大きく分けて「私服の制服化」「断捨離」「行動のパターン化」の3つ。

それぞれどんなことをすればいいのかは以下の記事を参考にしてみてください。

  • 私服の制服化

私服を選ぶというか悩むというか、その時間ってもったいないですよね。その事について記した、本ブログで一番読まれている記事をどうぞ。

ミニマリストとして「私服の制服化」をオススメします - ミニマリストの情報発信ブログ "SHAKE!"

  • 断捨離

モノを減らす方法っていくつもありますが、僕がオススメしたいのは、手元に残る頭数を決めてしまうこと。ちなみに僕の場合は70。今はもっと少ないかも。全体の2割しかいらない。8割は不要なんですよね。

え?パレートの法則も知らないの?このブログ読めば断捨離できてミニマリストですよ。 - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

  • 行動のパターン化

あなたにとって、やることが決まっていて、何度も繰り返しているような行動はパターン化してしまう例。毎日の買い物はしないで、週一回程度ネットスーパーを利用する、というもの。

「食材はネットスーパー」で済ませる方が買い物に行くよりも「抜群におトク」な訳 - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

これらを実践していくと以下のメリットが得られるんですよ!

1.自由につかえる「お金」が増える

断捨離や制服化に関しては、所有しているものを手放す必要があります。それにはお金や労力がかかるんですが、一度すませてしまえばこちらのもの。

毎月のコストを落としていくことができます。それでいて、なに不自由ない生活は案外、変わらないもんです。

例えば、毎月なにかしら服に3万円くらいかけてた方は年で36万円も浮くことになります。

まあ、実際は制服化のために新たな買い物をしたりすると、金額はもう少し小さくなりますけどね。

2.自由につかえる「時間」が増える

モノが減ることで、数ある選択肢からひとつに絞るのがラクになります。今まで時間をかけて比較検討していたものが、一気にすでに決定済みになるわけですから。

朝御飯は何を食べるのか、今日の服装はどれを着ていくのか、昼御飯は誰とどこで何を食べる、晩御飯は...となんかご飯系が多くなりましたが...笑

ほかにもスマホはどこのキャリアにするか、どの端末にするか、どんな料金プラン、どの色にするのか、などがありますね。

あらかじめ私はこうする、と決断しておくことで大幅に時間を節約することができます。それだけでなく、悩むことも少なくなり、ストレスも少なくすることができますよね。...もちろん、僕はどれを食べようか迷うときもありますよ?笑

楽しむスイッチが入ったときは選ぶこと自体を楽しむべき。そうでないときはあらかじめ決めておいた選択肢にする、くらいが気軽でいいかも。

3.自由につかえる「空間」が増える

ものが減らしていくと、空間が広々となります。あれ、こんなにお部屋広かったっけな~となりますよ、僕もそうでした。部屋が広くなると空気がとても澄んでくるような気持ちになります...がこれはぼくだけかも?笑

なにもない空間が増えることは、余白が増えることになります。言葉もそうですが、「間」がとても大切ですよね、それと同じように部屋にも「間」がある方が印象もビシッとしまるものです。

巷では、モノを本当に持たなさすぎるミニマリストもいるようですが、それはやりすぎ。やみくもに手放して寂しいお部屋にならないように気を付けましょう。

4.自由につかえる「エネルギー」が増える

ミニマリストになると、時間とお金と空間が増えることを述べてきましたが、僕がミニマリストとして最も魅力的なのはエネルギーが増えること、です。 

ありふれたモノから解き放たれると、いままでかけていた労力やストレスもなくなり、気が楽になり、身軽になります。だからこそ新しいことをやろう、好きなことを精力的にやろうと思えるようになるんですよね。

ぎゅ~っと固めた握りこぶしをつくったままだと、なにも掴めやしません。その手は重たい荷物をもつためだけではないですから。大切な人と手を繋いだり、ペンをとって自分と向き合うためにあるわけですから。

まとめ

幸せになるためにはどうしたらいいのか、それと向き合う時間をつくりだす。それを実現するための余裕を生むためにぼくはミニマリストになったのかもしれませんねぇ。

ね、ちょっぴりミニマリストもいいかもって思ったでしょ?笑