読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト男子必見。ミニマリストになるためのチェックリストをつくりました

ミニマリズム 意見

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160412005642j:plain

ミニマリストになるためにはどうしたらいいのか、そんな人のためにチェックリストをつくってみました。これに沿って実践していくとあなたもいつの間にかミニマリストになれるはず。

ミニマリストになるための19のチェックリスト

数えたら19ものチェックリストになりました。今までブログで書いた内容はリンクをのせているので参考にしてください。新たなチェック項目が増え次第、こちらの記事は追記していきますよ。

1.所有する衣服・小物の数を決める

ミニマリストはどんな服装を何枚もつのかを決めています。頭数が決まれば、目安となるので、それ以上に服を所有しなくなります。ちなみに僕は、2016年4月の段階で所有する衣服の総数はたった「42」でした。靴や小物、下着なども含めての数字です。

ミニマリスト男子がもつ服の数は全部で42点だけ - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

2.身に付ける色を決める

基本的に身に付ける色を決めて、不要な持ち物、買い物を減らします。好きな色にだけ囲まれた生活、はカラフルな色ではないけれど充足感に満たされるはず。

ぼくは、黒・白・紺の3色におさめています。

3.収納するための家具を断捨離する

収納する場所は備え付けの収納スペースで事足りるようにします。わざわざ追加してしまえば、それだけ何かを持ちたいとおもう衝動にかられるはず。

4.ハンガーの数を決める

持ち物の数を決めても、ハンガーがたくさんあるとそこに何か無意識にかけたくなるんですよね。ぼくもそうでした。

ハンガーの本数は10とぼくは決めて、それ以上かけなくてもいい状態にしておきましょう。

5.衣服の8割を断捨離する

ミニマリストとして覚えておきたい、80:20の法則(パレートの法則)をつかいましょう。つまり、あなたにとって必要な衣服の80%はあなたが所有している衣服の20%です。

ちなみに、この法則はどんなことでも当てはまる汎用性の高い法則なので、文房具、キッチン用品などでも考えてみるのがよいでしょう。

え?パレートの法則も知らないの?このブログ読めば断捨離できてミニマリストですよ。 - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

6.モノの住所を決める

断捨離したり、所有する数を決めたりしても、アドレスがないとモノが散らかります。部屋が汚いと、心も汚くなります。かたちのない心を整えるのは難しいから、かたちのあるモノから整えるべき。つまり、どこに何があるかを把握できる人がミニマリストってことにもなりますね。

7.季節毎で私服の制服化をする

断捨離しても、どの服を着るかで時間を消耗しないためにどうしたらいいのか。毎日着る私服を制服にしてしまうです。僕の場合はセットアップがベースになり、随分気持ちが楽になりました。これでどこへでもいけます。

ミニマリストが断言。最も効果的に服を減らす方法は「私服の制服化」である - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

8.買い物の8割はネットですませる

お買い物をいく、ということに使っていた、時間と労力を減らしましょう。ちなみに僕の場合は、購入する品目も決めています。

「食材はネットスーパー」で済ませる方が買い物に行くよりも「抜群におトク」な訳 - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

9.書籍や音楽はデジタルで管理する

ミニマリストは、デジタルで持てるモノはデジタルで所有します。もちろんあなたが、紙の本で読むのが好きなら、紙の本として所有する冊数を決めておくべし。

10.コンディショニングする時間を増やす

ミニマリストは好きなことにエネルギーを費やすために、あらゆる無駄を減らします。でも、肝心のエネルギーが減らないように、むしろ増やすための努力を怠りません。ジムにいったり、おうちでヨガしたり、メンテナンスは欠かないようにしましょう。おすすめはセルフ筋膜リリーフ。

正しい方法で効果は抜群に上がる!筋膜リリースのやり方を動画で解説するよ。 - ライフスタイルの情報発信ブログ 「SUIT」

11.朝のルーティンワークを決める

1日を気持ちよく過ごすためには、朝の時間が大切。朝の時間を有意義にするためのルーティンワークを決めると、余計なことを忘れて、スイッチが入ります。

12.オフラインの時間をつくる

1日のどこかでまとまったオフラインの時間をとりましょう。僕の場合は、移動時間はオフラインにして、ブログの執筆や、ぼんやり考え事にあてるようにしています。

13.不必要な行動があるかどうかを振り返る時間をもつ

メンテナンスするのは身体だけでなく行動も同じ。ストレスになっていることや、いくらパターン化したこと、自動化したことの見直しをしないと、大量の粗大ごみを処理するのと同じくらいの労力を費やすことになりますからね。こまめな男こそミニマリスト。

14.生き方を見直す機会を設ける

見直す時間が確保できるだけのゆとりがある生き方をしていることが前提。本当に幸せなのか、これからどんな人生を描くのか。モノを最小限にしているミニマリストだからこそ、どこへでも行ける。地図を広げて、どの山を登るのかを決めよう。

15.スマホやタブレットのアプリを断捨離する

もちろん、デジタルも断捨離の範疇です。不要なアプリはアンインストールして、あなたにとって必要不可欠なアプリだけにしよう。iPhoneなら標準アプリ以外で20アプリくらいにできたら、上出来。こちらもパレートの法則が当てはまりますね。

16.デスクトップのデータを断捨離する

こちらは不要なデータファイルも含まれます。いつ撮ったかわからない、そして思い入れも何もない写真は消してしまいましょう。無駄に作った、よくわからないエクセルファイルもね。

17.スマホとタブレットの通知はオフにしている

通知は基本的にオフにしておく。その都度、通知に振り回されるとシングルタスクにならず、あれ?何してたっけ...となるのがオチ。特にタイムスティーラーとなるSNSはオフにしておきましょう。Facebookとか毎日も見ないですね、ぼくは。例えば、ブログを執筆してるときに、メール受信の通知に反応して返信したあとで執筆に戻ると、ブログで書くはずの意見を忘れてしまい、うまくまとまらなくなったりする。集中力をうばわれないようにするための対策です。

18.メールとSNSに目を通す時間を決めている

その都度ではなく、決まった時間にレスをする、ようにしておく。もちろん仕事でそういうわけにはいかないこともあるでしょうが、SNSに時間をとられないように気を付けて利用しなきゃね。メールは1日2、3回くらいにおさめてます。

19.SNSでフォロワーなどを断捨離する

本当に大切にしたい、そう思える人達って数える程度しかないし、あなたが思っているよりも少ない。僕の場合は、Facebookだとタイムラインにのらないように設定して、すごく親しい人達のみの投稿を見るようにしています。

まとめ

ミニマリストになるために必要なことってことでリストアップしましたが、まだまだ出てきそう。どんどん追加して、分厚い記事にしていきますので、今後も楽しみにしていてくださいね。