読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【保存版】初心者向け!目的別おすすめのプロテイン・サプリメント25選まとめ

フィットネス ニュートリション

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160714151241j:plain

誰しもが自分のカラダを変えたいと思うもの。そして、誰しもがダイエットしたり、筋トレしたりするものの、食事や栄養面って等閑になりがちです。そこで、今回はパーソナルトレーナーのぼくが、初心者向けにおすすめのプロテイン・サプリメントを目的毎に分けてご紹介します。

目的別おすすめプロテイン・サプリメントまとめ

カラダを動かす目的は人それぞれですよね。今回は、「筋肉強化・バルクアップ」「疲労回復・リカバリー」「脂肪燃焼・ダイエット」の3部門、そして種類別ということで「プロテインバー」「プロテインドリンク」の2部門の計5部門でのおすすめプロテイン・サプリメントのトップ5を紹介していきます。

筋肉強化 編

プロテインは筋肉量を増やすために不可欠。どうしても食事だけで必要なたんぱく質を摂取するのは難しいもの。せっかく摂取するなら、安くて質の高いものを選びたいですよね。トレーナーとしておすすめのプロテインをピックアップしています。筋肉強化のために摂取するプロテインは、ホエイプロテインといって、消化吸収がはやいという特徴があります。摂取するタイミングは以下の3つがおすすめです。

  • 起床後(たんぱく質が不足しがち)
  • トレーニング前(筋肉が消耗するのを防ぐため)
  • トレーニング後(筋肉の修復速度を高めるために)

また、トレーニングを行う日だけ摂取するのではなく、トレーニングを行わない日もプロテインを飲みましょう。常に体内にたんぱく質がある状態をつくっておくと効果的です。ちなみに、筋肉量を増やしたい方の目指すべきたんぱく質の摂取量は「体重 × 2〜3」gです!

第1位 DNSプロテインホエイ100(DNS)

1kgあたり4,212円(約50回分)
たんぱく質の含有量66.5%
筋肉の成長・修復には欠かせないBCAAも配合

値段、たんぱく質の含有量、栄養バランス、飲みやすさを総合的に評価すると、最も優れたプロテインはDNSで決まりでしょう。

第2位 ビックホエイ(バルクスポーツ)

1kgあたり3,140円(約50回分)
たんぱく質の含有量は78.4%と高水準
食事でビタミン・ミネラルを摂取できている人におすすめ

純粋にたんぱく質を摂取したい方にピッタリ。ぼくも3ヶ月で10kg筋肉量を増やした時は、こちらを摂取していました。

第3位 ホエイプロテイン100(ザバス)

1.05kgあたり5,994円(約50回分)
たんぱく質の含有量73.8%と高水準
ビタミンBが豊富に含まれているのでリカバリーにも◎

DNSよりは値段が少しばかり高いものの、効果はほぼ同等です。トレーニングで疲労感が残りやすい人におすすめ。

第4位 ウィダーホエイプロテイン(ウィダー)

900gあたり3,819円(約45回分)
たんぱく質の含有量66.5%と低めだが栄養素のバランスが良い
お菓子で有名な森永製菓が製造しているので味も美味しい

たんぱく質の含有量は少ないほうですが、栄養バランスが良く、効率良く筋肉量を増やすことができます。

第5位 エッセンシャルアミノ(MUSASHI)

250gあたり6,030円(約80杯分:1杯約3g)
アルギニン + 8種の必須アミノ酸を配合された最強アミノパウダー
起床後、トレーニング後に飲むと効果絶大

即効性の高いアミノ酸パウダーなので、たんぱく質が不足しがちな朝、パフォーマンスをアップするためにトレーニング前、そして回復力を高めるためにトレーニング後に摂取すると効果抜群。

番外編 カゼイン(バルクスポーツ)

1kgあたり4,053円(約50回分)
消化がゆっくりなので食間や就寝前の摂取に最適
本格的に筋肉を増量したい人はあわせて購入すると効果抜群

たんぱく質は常にカラダに供給しておくと筋が成長する速度も早くなります。だからこそ、就寝中も朝まで体内のアミノ酸濃度を高めてくれるカゼインは、本格的なトレーニーに不可欠です。

筋肉強化 編 まとめ

理想的な摂取のタイミングと摂取するプロテインの種類を定めると以下のようになります。可能な方は徹底してされることをおすすめします。

  • 起床後:アミノ酸パウダー+ホエイプロテイン
  • トレーニング2時間前:ホエイプロテイン
  • トレーニング中:アミノ酸パウダー
  • トレーニング後:ホエイプロテイン
  • 食間・就寝前:カゼインプロテイン

注意点としては、たんぱく質だけを摂取しても筋肉量は増えません。たんぱく質・炭水化物・脂質の3大栄養素をバランスよく食事で摂取できてこその筋肉量アップです。食事が疎かにならないように気を付けましょう。

疲労回復 編

筋トレすると筋肉痛がひどい、疲れが残る。むしろ普段から疲労感が根強い…そんな方にも以下のプロテインはおすすめです。また、女性の方もたんぱく質は肌や髪の毛、爪などの材料になります。食事でどうしても不足がちになっているのであれば、以下のプロテインやサプリメントから摂取されることをお勧めします。

第1位 マッスルリカバリー(MUSASHI)

250gあたり6,460円 (約80杯分:1杯約3g)
筋肉の疲労度が明らかに少なくなる強烈なリカバリー効果
激しい運動の後、ないしは疲れのある日は朝晩1回ずつ

体内で生成することができない必須アミノ酸BCAAをこれでもか!っていうほど詰めた逸品。MUSASHIのBCAAはハイクオリティ。ぼくも疲労度が濃いときは助けてもらってます。アスリートでも愛用される方が多いんです。

第2位 アミノフライト(ゼロベース)

30本あたり4,012円
約20分でスピード吸収される即効性の高いアミノ酸パウダー
運動の直前、途中でも瞬間エナジーチャージができるのでアスリート向け

MUSASHIに比べて、BCAAだけではなく、クエン酸など吸収効果を高める成分を配合。MUSASHIがトレーニング後のリカバリーだとすると、アミノフライトはエナジーチャージ向き。

第3位 アミノバイタルプロ(味の素)

30本あたり3,790円
グルタミンやアルギニン配合でコンディショニングアップの効果を高めてくれる
ランニング初心者におすすめ

ランナー愛用者が多いアミノバイタル。分類としては、アスリート向けというよりスポーツ愛好家向け。午前中のパフォーマンスを高めるために朝に摂取するのがおすすめ。

第4位 R4 アルティメット リカバリー アドバンテージ(DNS)

600gあたり6,048円(約14回分:1回約43g)
グルタミン・HMB・シトルリン・アルギニンで回復力を高める
本格的にトレーニングをしている方におすすめ

マニアックな成分が配合されているので、初心者には不向き。プロテインを追求していきたい方にはおすすめかな。シトルリン・アルギニン配合なので、最高級のエネジードリンクっていめーじしてもらえるといいかな。

第5位 ウィダーリカバリープロテイン(ウィダー)

1.02kgあたり3,072円(約30回分)
糖質を多く配合されることで筋肉の分解を防ぐ
筋肉量がなかなか増えない方にもおすすめ

正直、たんぱく質だけで筋肉は増えません。ぼく自身も3ヶ月で10kgの筋肉量を増やしたときは、3食とも2合くらい白米食べていましたからね。糖質も手軽に摂取できるので、実際たんぱく質だけよりこういったバランスのいいプロテインがおすすめです。

疲労回復 編 まとめ

たんぱく質が不足している方には、BCAAの配合量が多いプロテインがおすすめ。トレーニング量が多い方は、グルタミン・HMB・シトルリン・アルギニンが配合されたもの。と考えるのが良いでしょう。運動初心者の方はとりあえずBCAA配合のものを選ばれるのがよいでしょう。

脂肪燃焼 編

このジャンルは群雄割拠。いろんなジャンルのサプリメントがありますが、そのなかでも効果の高いものを厳選しました。運動効果を高めたり、摂取したカロリーをなかったことにしてくれたり、脂肪を燃焼するアプローチも多様なので合わせ技もありかも。

第1位 FUAN(MUSASHI)

250gあたり5,400円(約80杯分:1杯約3g)
満腹感を与え、食欲を抑制してくれる
汗の量が間違いなく増える確実な燃焼効果

個人的にはMUSASHIが一番効きます。匂いがちょっと独特なので慣れるまでは時間がかかりますが、効果は絶大。トレーニング前に摂取すると汗ドバドバです。

第2位 STRONG BLOCKER 2000(ストロング)

1箱180粒で5,100円(約30回分:1回約6粒)
6つのカロリーブロック成分を配合
暴飲暴食をなかったことにしてくれる有難いサプリ

摂取したカロリーをなかったことにしてくれる魔法みたいなサプリメント。飲み会シーズンにバカ売れすることで有名。

第3位 STRONG BURNERS(ストロング)

1箱180粒で5,880円(約30回分:1回約6粒)
10種類の脂肪燃焼をUPさせるハーブやアミノ酸を配合
午前・午後に分けて摂取すると効果的

脂肪吸収を抑えるストロングブロッカーのお友達。脂肪を燃焼するストロングバーナーは毎日摂取して基礎代謝を高めるのにもおすすめ。

第4位 コレスリム(健やか総本舗亀山堂)

2箱180粒で7,000円(初回限定)
ダイエットに効果的な7つのこだわり原材料が配合
基礎代謝が向上し、冷え性改善などにも効果あり!

どちらかというと女性向けの脂肪燃焼サプリ。体の芯から温まるので、冷え性などの体質改善をしたい女性におすすめ。

第5位 【送料無料】スリムバーン(ネイチャーシード)

1箱90粒で2,850円(1日3粒)
基礎代謝を高めて痩せやすい体作りを実現できる
コスパ重視の方におすすめ

脂肪燃焼サプリのなかではコスパがいい商品。配合成分他とは異なるものの、効果は同等。値段重視の方におすすめ。

脂肪燃焼 編 まとめ

もっとも強力なのがMUSASHI。運動だけでは基礎代謝がなかなか高まりづらい方にはおすすめです。また、なかったことにしてくれるストロングブロッカーは付き合いの多いサラリーマンの味方ですね。ただ基本は、暴飲暴食しないことですからね!笑

プロテインバー 編

なかなか食事だけでは効率の良いたんぱく質摂取は難しい。それにプロテインはシェーカーも必要だし、なにより手間。おやつ感覚で、たんぱく質を摂取できたらいいですよね。僕もよく利用しているプロテインバーを紹介します。お菓子食べるなら、こっちのほうがうまいですよ。

第1位 ウィダーインバー (ウィダー)

1箱12本入りで1,918円
1本で10gのたんぱく質を補給できる
ウエファータイプ2種類、ベイクドチョコの計3種類

コンビニで買えるプロテインバーといったらこれ。コンビニではベイクドチョコしかないことが多いんですが、ウエファータイプがマジでうまいんです。やみつきになります。

第2位 バーエックス(DNS)

1箱12本で4,665円
たんぱく質15.6gをはじめ5大栄養素を総合的に配合
アスリートの間食や、忙しい時の食事替わりにできるのでダイエットにもおすすめ

めちゃくちゃボリューミーなプロテインバー。たんぱく質も補給でき、栄養素もバランス良く配合されているので、女性の方々にとっては夕食代わりになるかも。

第3位 クエストバー(クエストニュートリション)

1箱12本で3,400円
プロテイン20g含有、グルテンフリー、高食物繊維でボリュームたっぷり
運動後、ダイエットサポート、補食としておすすめ

海外のプロテインバーシリーズ。値段はバーエックスより安くて、たんぱく質量も多い。プロテインに飽きたトレーニーにおすすめ。味は濃いですw

第4位 コンバット(マッスルファーム)

1箱12本で4,980円
吸収が非常に速い高品質プロテインを20g配合
かなりボリューミーなので腹持ちも良く、ダイエットや減量時の栄養補給にも最適

さらに質を高めたのがこちらのコンバットクランチバー。栄養成分はバーエックスより上。その分値段は張りますね。

第5位 カーボライトダイエット(ユニバーサルニュートリション)

1箱12本で3,850円
良質のプロテインが一本あたり21gも入ったプロテインバー
チョコレートブラウニー味なので甘いもの好きにぴったり

とにかくたんぱく質量が紹介したなかでは最も多いですね。たんぱく質のみ補給したいの!って方にいいかな。まあ、おやつみたいなものを栄養補助食品として食べれるのはうれしいですよね。

プロテインバー 編 まとめ

日本で手に入りやすいのは、ウィダーインバーでしょうね。コンビニでもよく見かけます。ぼくなんかはよく豆乳とセットで購入しています。手軽にタンパク質を補給できるのはうれしいところ。おやつをどうしても食べてしまう方は、こちらに代替えすべきでしょう。

プロテインドリンク 編

こちらも手ごろにプロテインを摂取したい人向け。食べるより、飲むほうが楽って方もいますよね。そして、チョコバータイプよりもドリンクタイプのほうが摂取できるタンパク質量は多いので、値は張るものの確実に摂取したい方にはおすすめ。

第1位 ビッグホエイRTD(バルクスポーツ)

1箱30本で5,400円
1食分約160円で20gのたんぱく質を補える
コスパNO.1のプロテインドリンク

コスパがいいバルクスポーツのプロテインドリンク。安いし、たんぱく質量も多い。食事で他の栄養成分をきちっと摂取できている人にはおすすめ。

第2位 Pro-X(DNS)

1箱24本で9,312円
ホエイプロテイン30g配合
アップル風味とマンゴー風味(僕が働くジムではマンゴーが人気)

一本400円近くしますが、たんぱく質は30gとかなり摂取できるので、ジムに行く前とかにおすすめですね。どっちもすごい濃くて、口の中に残る感じ。

第3位 ブルードラゴン(HALEO)

1箱24本で7,128円
7時間アミノ酸を放出する抗カタボリックプロテインを20g配合
ナチュラル、バニラ、ストロベリーの3種類(僕が働くジムではストロべリーが人気)

Pro-Xはホエイプロテインですが、こちらはカゼインなので長時間アミノ酸濃度を高い状態に保ってくれます。トレーニング後はこちらがおすすめ。

第4位 ザバスプロテインドリンク(ザバス)

1箱30本で4,950円
10gのホエイプロテイン、クエン酸とビタミンB群を配合されたリカバリードリンク
味はさっぱり飲みやすいのでプロテイン苦手な人にお勧め

こちらはリカバリー重視の配合成分。しかもさっぱり飲みやすいので、甘党以外の方にはおすすめですね。

第5位 ザバスミルク(ザバス)

1箱12本で1,684円
ミルクプロテインを15g配合かつ脂肪ゼロタイプ
値段も良心的で初心者向け

ミルクプロテインが15g配合されて150円ほどで購入できるのはうれしいですよね。お腹下しやすいは避けたほうがいいですけど、コスパ重視の方は毎朝飲む用としてどうぞ。

番外編 豆乳

1箱18本で1,364円
不足しがちな植物性タンパク質を約8g摂取できる
バランスを取りたい肉食男子におすすめ

どうしても一般的なプロテインだと動物性たんぱく質ばかりに偏りがちになってしまいます。だからこそバランスをとるためにも豆乳はおすすめ。たんぱく質が不足しがちな女性にもいいですよ。

プロテインドリンク 編 まとめ

コスパ重視ならバルクスポーツ、成分重視ならDNSやHALEO、手軽さならザバス、といったところですね。シェイカーで混ぜたりするのが手間に感じてしまう方はこちらでも十分です。

まとめ

ひとえにプロテインといっても、消化スピード順に並べれば、アミノ酸、ホエイ、ミルク、ソイ、カゼインと種類が豊富。また摂取の仕方も、シェーカー、経口、チョコバー、ドリンクとお好みによって自由に選べます。それぞれのライフスタイルや目的に合わせて、楽しみながら上手にたんぱく質を摂取して、健康的な生活を送りましょう。