読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストが3か月間スーツ1着で私服の制服化をして気づいたメリット5つ

ミニマリズム 制服化

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160806220900j:plain

ミニマリストが実践しているとされる私服の制服化。実際、どこまでちゃんとやっているのかって案外わからない物ですよね。ということで、今回はスーツスタイルをユニフォームと捉え、ミニマリストのぼくが私服の制服化をどのように実践していたのかを解説したいと思います。

ミニマリストが3か月間スーツ1着で私服の制服化をしてみた結果

私服の制服化って何?と思う方に解説しておくと、「特定の私服をユニフォームとして捉え、私服のパターンを決めてしまうこと」です。僕自身は以前から私服の制服化を取り入れていましたが、春頃からスーツスタイルをユニフォームとして私服の制服化をアップグレードしていきました。そのおかげで所有する服の枚数も圧倒的に少なくなりました。

実際のワードロープにあった服・小物

この夏に実際にワードロープにあった服たちを紹介します。

ミニマリスト男子の平日の服装

スーツ1着

昔、ユニクロで購入したセットアップ。素材がレーヨン多くて、ラフにでも着こなせるのでお気に入り。普段は裾をロールアップしてカジュアルダウン、フォーマルのときは普通に着ます。最近もめちゃめちゃ暑い日が続きますが、ちゃんとジャケットを羽織るようにしています。建物のなかはかなり空調が効いている分、寒く感じることもありますから体温を調整するために。

Tシャツ・パンツ・ソックス各3点

ちょっと前までは5点ずつあったんですが、選択の回数を増やした分、数を減らしました。全て無印良品で購入。

ハンカチ3枚

紳士のたしなみ。夏場はよく汗をかきますし、まあどんなシーンでもあると重宝します。ユニクロ。

小物アイテム9点

ジャケットの内ポケットなどに分けて収納してます。いつでも手ぶらで移動するのが当たり前になりました。

ミニマリスト男子の休日の服装

Yシャツ1枚

オフィスカジュアルにも使えるくらいなフォーマルとカジュアルの間にあるYシャツ。ユニクロアンドルメールのコラボ。

パーカー・デニム各1点

春先まではパーカーも使ってました。個人的にデニムが好きなので休日はデニムしか履きません。ストレッチが効いているので楽。ユニクロ。

ミニマリストが3か月間スーツ1着で私服の制服化をして気づいたメリット5つ

正直、私服の制服化はメリットだらけです。自分自身のスタイルが確立されるだけでなく、今まで必要だった時間、ストレス、お金や空間から解放されることになるからです。具体的には5つのメリットがあります。

服を選ぶ時間がゼロになった

服を選ぶ時間って本当に無駄なんですよ。なぜならば、どの服装を選んでも大差はないから。そんな時間があるなら、ゆったりコーヒーを飲んだり、いくつかの家事を取り組めたりできるわけですから。

服を選ぶストレスから解放された

状況に合わせて、服を選ぶのではなく、どんな状況にも合う服を選ぶという発想が僕にとっては大きい。自分が好きで似合う服装があればそれを愛着を持って着続ける方がかっこいいし、楽です。服で悩むなんてバカバカしいと今では思えるくらいです。今は本当にストレスフリー。

ワードロープがすっきりして必要な空間が少なくなった

ワードロープという空間自体が僕に摂って必要ではなくなってきたのかもしれません。上述の服や小物の数って全部でわずか25点しかないですから、鞄の中に詰め込めることができます。

新しい服を一切買わなくなった

新しい服が欲しい、という想いはほぼなくなりました。なぜ「ほぼ」なのかというと今のスタイルをアップグレードさせたいなと考えているから。最高級にぜいたくな「白Tシャツ」と「オーダースーツ」が欲しいです笑

服を管理する手間が限りなく減った

所有する服が減ることによって、メンテナンスする手間もずいぶんと減りました。単純に洗濯の量が減ったので、その分、一着一着を丁寧に干したり、きれいに畳んだりするゆとりがでてきました。また、今では自分でスーツを洗うようにもなりました。

ミニマリスト男子は「スーツ」×「私服の制服化」を実践してみよう

ミニマリスト男子にとって、スーツスタイルで私服の制服化をすることには多くのメリットがあると個人的には感じています。これから迎える秋冬シーズンにもこのスーツスタイルで対応していくつもりです。ミニマリストになりたい方にとってのマイルストーンであり続けるために、ぼくはずっとスーツスタイルで人生を歩んでいきますよ。

また、今後はさらにこのスタイルを昇華させていくために、「スーツ」「Tシャツ」「Yシャツ」「シューズ」それぞれを質の良い物にアップグレードさせていく予定です。基本は、オーダーメイドで作って、一生使えるスーツスタイルを確立させていきますので、完成するまで楽しみにしておいてくださいね。

スーツスタイルを試してみたいと思うのならば、いっそのことオーダースーツを作成されることをお勧めします。「【オーダースーツ佐田】」なら最安2万円と安い値段でもオーダースーツはつくれるのでおすすめですよ。ぼくはちょっとこられて年末くらいに知り合いのテーラーに依頼して、30万くらい払ってスリーピースのオーダースーツをつくりますが、はじめての方は「【オーダースーツ佐田】」でまずてはじめに一着作ってみてはいかがでしょうか。

ミニマリストはただ減らさない。減らすことを通じて、自分のスタイルを明確化していく。自分のスタイルが明確になることは心地いい。だから楽しい。だから活き活きとしている。本当のミニマリストは、人生を楽しんでいるのです。