読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?パレートの法則も知らないの?このブログ読めば断捨離できてミニマリストですよ。

断捨離 ミニマリズム

スポンサードリンク



photo credit: KLTR8375_S via photopin (license)

ミニマリストとして断言しておきます。汚ない部屋に住んでる人って本当にパレートの法則の「パ」の字も知らないよね。だから片付けもできない。本当に、モッタイナイ。

部屋の汚れは、心の汚れ

ギクッ...ってなってるあなた。キッチンだけだから~クローゼットだけだから~なんて部分的だったとしても同じですよ。甘えんなっ!笑

片付けたいのに片付けられない?だとしたら、なんてあなたは欲張りで、手当たり次第に手をだすくせに、本当に大切なものを選べと言われたら、それがなにか見出だせない...ってこと。自分にとって何が大切で、そしてどれくらい必要なのか、を理解しているのがミニマリスト。どんな人でも背伸びしがちなもんです。そういう意味では、ミニマリストの人たちって等身大なのかも。

唯一無二の「断捨離」の原則

お片づけといえば、最近また、こんまりさんの書籍がバカウケして海外でもベストセラーになって...って聞きますね。

確かに細かなテクニックやコツ、断捨離やお片付けに便利なアイテムはあるでしょう。でも、基本的な原則は、どんな片付けハウツー本でも同じことをいっているだけですよ。

パレートの法則

どんな原則なのかっていうと、会社に100名の従業員がいたら、20名は優秀な成績を叩き出すが、80名はとるに足らない。ってこと。80:20の法則なんても言われたりする。

んで、汚部屋に住んでる人はこれを聞いてもピンとこない。なぜこれが断捨離や片付けとつながるの?って?ミニマリストは自然とパレートの法則を実行しているので、ピンとくるんですよね。

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。
via パレートの法則 - Wikipedia

断捨離におけるパレートの法則

として置き換えて考えてみればわかります。いくつか挙げれば嫌でもわかるでしょう。

  • 最もよく着る衣類の80%=あなたの全衣類の20%
  • 最もよく使う居住スペースの80%=全居住スペースの20%
  • 最もよく使うアプリの80%=あなたの全アプリの20%

ここから分かる最も大切なことはそもそもあなたは何もかも過剰に所有しているってこと。片付けが進まなくてイライラする理由は、単純にあなたがものを持ちすぎているから。もの自体が少なくなれば、片付けや断捨離もほんの10分もあれば終わりますよ。

衣類を断捨離するポイント5つ

例えば、最もかさばる衣類をどうやって断捨離していければいいのか、についてポイントをまとめます。これであなたもミニマリスト!

最もよく着る衣類「レギュラー」メンバーを選ぶ

もちろん、パレートの法則に基づいている訳なので、最もよく着る衣類の80%はあなたの所有する全衣類の20%になります。お出かけ前は時間も限られているし、人間が着れる枚数なんて限られている訳だから、そんなに枚数があればいいってもんじゃありません。仮に、ここで選ばれし衣類たちを「レギュラー」とします。残りの80%は「ベンチ」になると思われますが、ここでは異なります。

割とよく着る衣類「ベンチ」メンバーを選ぶ

ただよく考えてください。野球やサッカーといったスポーツにおけるレギュラーとベンチの構成をみると、レギュラーとベンチってほぼ同数ですよね?そこで、あなたの全衣類の80%の中から、使う頻度の高い衣類の20%「ベンチ」メンバーを選出していきます。つまり、あなたの所有する衣類の60%は断捨離しても全く問題ない程度のものなのです。

アイテム毎に上限を設定する

先ほどの、最もよく着る衣類の上位40%がピックアップできたところで、その衣類たちをアイテム毎にメインに整理して、アイテム毎の頭数を先に決めておきます。例を挙げるとこんな感じ。

  • Tシャツ 5枚
  • Yシャツ 3枚
  • ボトムス 4本
  • パンツ 8枚
  • ダウンジャケット 1着

というふうに具体的に必要な枚数をセットします。レギュラーとベンチ含めた枚数になります。

設定した上限枚数を超えない

新しいアイテムを購入して、上限枚数を超えてしまった場合には、アイテム入れ替え戦を行い、再度選別します。なんかスポーツでいうところのポジション争い、といったところでしょうか。

野球もサッカーもルールがあります。だからあんなに面白い。衣類の管理にもルールを決めておけば、断捨離も楽しいものに変わります。

上限枚数を減らす

より熾烈なポジション争いにさせて、自分の趣向に合うアイテムとは何かを追求していきます。デザイン性、機能性、ブランド力といったところを考慮しながら、所有しなくてもいいアイテムを見定めていきます。その結果、全体の40%だった「レギュラー」+「ベンチメンバー」が全体の20%〜30%くらいまで減っていくはずです。

もちろん、野球やサッカーでもひとチームで所属しているメンバー数が異なるように、ここによって最適な枚数は異なります。あなたにとって、必要最小限はどれくらいなのかこの辺りで、や〜っとわかってきます。でもここまでくると、別にやっぱり足りない。もっと増やそう!とはならないでしょう。持たない生活=ミニマムライフの快適さを一度でも知ってしまったならね。

まとめ

てゆうかほら、フランス人からすればこういうのは常識ですよ。でも最初から10枚か厳しい。なら徐々に減らしていけばいいんです。そう、パレートの法則を使ってね。