読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストが断言。最も効果的に服を減らす方法は「私服の制服化」である

制服化 ミニマリズム

スポンサードリンク

f:id:ryosukedoi:20160223235041j:plain

皆さんは毎日の服装をどうやって選んでいますか。ミニマリストなら、着る服をいつも決めて、悩んでいる時間をもたない。悩んで選んでも結果は大して変わらないですからね。あなたもお気に入りのスタイルを決めて、ゆとりのある朝を過ごしてみませんか。制服化って何?って思われている方のためにも、制服化、そのよさをわかっていただけるよう、解説していきますよ。

「私服の制服化」とは

制服化ってワードは皆さん聞いたことあるはず。簡単にいえば、着る私服をあらかじめ決めておくことです。サラリーマンの方って毎日、着る服はスーツにワイシャツですよね。彼らは自らか所属する業態の性質上、スーツにワイシャツを着る必要性があります。だから、毎日それを着ているわけです。もちろん、なかに着ているワイシャツやスーツの種類を変えたりされているでしょうが、そこまで衣服に気を使っていない方がほとんど。その理由はめんどくさいから、でしょう。でもミニマリストにとっての制服化は、めんどくさいといったネガティブな理由ではなく、ポジティブな理由から生まれたものです。

服を減らすための「私服の制服化」

ミニマリストは極力、物を減らすことで選択肢を減らすという傾向があります。それは衣類に関しても同様です。選択肢を決めることに時間や労力をかけないことで、本当に集中したい事柄に力を注げるようにしたいという思惑があるからです。そこで生まれたのが「私服の制服化」というミニマリストならではの考え方。要するに、あらかじめ毎日どんな服を着るのかを決めておくのです。そのため、ミニマリストはお気に入りの同じ服を数着持ち合わせて、毎日必ずそのお気に入りの一着に袖を通します。ミニマリストのぼくも以下のように制服化を実践しています。お気に入りで着心地がよいものをピックアップしてます。

    • 平日:黒セットアップ・白Tシャツ
    • 休日:灰パーカ・紺デニム・白Tシャツ
    • 平日:紺セットアップ・白Tシャツ
    • 休日:紺デニム・白Tシャツ
    • 平日:黒セットアップ・灰タートルネックセーター・白Tシャツ
    • 休日:灰パーカ・紺デニム・白Tシャツ
    • 平日:黒ステンカラーコート・黒セットアップ・灰タートルネックセーター・白Tシャツ
    • 休日:黒ウルトラライトダウン・灰パーカ・紺デニム・白Tシャツ
  • その他
    • 冠婚葬祭:黒セットアップ・白Yシャツ or Tシャツ・黒ネクタイ or 黒ボウタイ
    • 部屋着:灰パーカ・灰パンツ・白Tシャツ

「私服の制服化」のメリット・デメリット

ぼくたちは毎日、余りある選択肢のなかから何かを決める、という作業を繰り返して生きています。なかには、そんなに結果が変わらない選択肢もあります。ぼくのなかでは、私服選びがそうだったのです。先にお気に入りを選んでおくだけ、それだけで人生がちょっぴり楽になるのです。ただ、「私服の制服化」はすぐに実践すべきではありません。きちんとメリット・デメリットを理解した上で導入しなければ、後になって後悔しかねません。では早速、「私服の制服化」のメリット・デメリットをみていきましょう。

「私服の制服化」のメリット

朝にゆとりができる

選択肢をもたなくなるので朝の準備にかかる時間を少なくできます。「即断即決」って誰しもがやろうとするけど後悔が出てきますよね。「即断即決」ではなくて、「既断既決」にしておけばいいんですよ。朝の時間もできて、どれにしようと悩むことから解放されます。

クローゼットを小さくできる

制服化することで、断捨離がしやすくなります。ミニマリストのぼくは実際に40着しか衣服を持ち合わせていません。クローゼットの存在でさえも不要になってきました。別に捨てることへ執着してるわけでもなく、「あ、いいな」と思ったら買うこともあります。それでも、その数におさめられて、身も心もスッキリしました。

第三者にあなたの存在を覚えてもらいやすくなる

あなたといえば「○○をよく着ている人」という風に覚えてもらいやすくなります。印象付けのために、制服化する、のも一手。別の言い方でいえば、あなたという個性をわかりやすく伝えられる手段にもなる、ということ。自分のスタイルを確立する方をぼくは魅力的に感じます。

「私服の制服化」のデメリット

服が傷みやすい

今まで以上に、同じものを着用する機会が増えてきます。だからこそ、長く同じスタイルを続けるためには、衣服のメンテナンスが必要です。といっても洗濯の仕方、乾燥の仕方にこだわることで、余計に手間がかかってしまうかもしれません。特にぼくの場合はセットアップがあるので、頻度が高い分、なるべく多く定期的にクリーニングが必要になってきます。ただ、それ以外の衣類に関してはいつも通りで今の所、問題はありません。ただ、丁寧に衣服を扱う、という心構えだけは持ち合わせておきましょう。

世間体が悪くなる可能性

私服の制服化を実践しすぎてしまう方の中には、時と場合によらず同じ服装をしてしまう方がいます。ただ、そうなると単純に「場をわきまえない蛮人」扱いされる可能性が高まります。世間体を無視して自分のスタイルを貫くのは多くの人にとって難しいことです。だからこそ、時間や手間、ストレスといったコストを減らすための私服の制服化が逆にストレスを引き起こすようになるのなら実践すべきではありません。改善策としては、空気の読める程度に「私服の制服化」をしていればいいわけです。最低限の配慮があれば、何も言われないですからね。

「私服の制服化」をする上で、衣服を選ぶポイント

お気に入りのスタイルが見つかったものの、毎日は着れないなあ。そんな風に思う服装もでてくるはず。正直、「私服の制服化」をするなら、以下のポイントを押さえておくと、継続して「私服の制服化」を楽しめますよ。

「デザイン性」

シンプルだから続けられる。デザインは"Simple is best."。飽きがこなくて、どこか上品にもフランクにも見えるのがシンプルの良さ。形は普通のTシャツやカットソー、模様は無地・ボーダー・チェックなどがいいかなー。Yシャツもあり。ボトムスはぼくの場合、セットアップなことが多いので、ジャケットとパンツの相性がいいことを重視してます。

適応性

「オシャレカジュアル」がぼくの中では最強説。フォーマルにもカジュアルに対応しやすいですからね。この1着なら、カフェで本を読むのも、散歩するのも、オシャレなバーに行くのも、仕事の打ち合わせも、パーティに行くのも全部この服装ならいける!と思えるものが楽ですよ。

機能性

仕事もプライベートも同じ服で過ごすとなると、動きやすさも大事です。だから生地が硬いものは避けるようにしています。理想はストレッチ素材が使われているもの。

耐久性

生地が丈夫で、汚れにくいと楽。それに頻繁に使用することを考えると、手入れのしやすさも重要かと思います。洗濯に手間と時間がかかるものは避けたいですね。ながーく着続けていくのであれば、耐久性も求められますよね。もしくは耐久性が低ければ安価で毎年手に入れられるもの。でも長期スパンでみると、費用より耐久性を選択したほうがいいですね。

利便性

地味なポイントではありますが、脱ぎ着のしやすさも無視できません。Tシャツなら「せーの」で着れますからね。ずぼらなミニマリストには案外重要な項目です。

「私服の制服化」とミニマリスト

ぼくを含め、世の中のミニマリストは、時間やお金、労力、スペース、といったコストをとにかく最小限にして最大限の効果を求めます。そういう意味でも、「私服の制服化」ってピッタリなんですよね。合理的なんです。衣類が増えれば増えるほど、保管する場所、購入やクリーニングなどの管理する費用、沢山の選択肢のなかから選ぶために費やすための思考や時間が増えていきます。

「私服の制服化」を実践する上での注意点

でも注意していただきたいのは、いきなり制服化はしない、ということ。何故ならば、制服化に踏み込むためには、自分自身のファッションスタイルを明確にもっていないと後悔する羽目になるからです。僕は、シンプルな服装が好きで、それが似合う肉体でいることが最高のファッションだと考えているので、「私服の制服化」を実践しても肉体や姿勢が整っていれば、スマートに見える…はず(笑)。いずれにせよ、「この服なら毎日でも着れる!」と心の底から思えるものがないのであれば、決断するには時期尚早、早すぎるでしょうね。

そういった方は、まずは自分自身の好みのスタイルを見つけることです。あらゆるジャンルの服装を試してみたときに、他人から「似合ってるよね」「あなたらしいよね」と言われたり、自分でも「しっくりくるな」「不思議と着る頻度が高いな」と思えたりする1着が見つかるはず。その服装をベースに合わせる物を考えていけばいいんです。つまり、あなたにとっての至極の逸品が見つかるまではどうしても時間がかかります。それが見つかる前に「私服の制服化」をしてしまうと「…わたし、ださっ!笑」ってなるかも。だから気長に探しましょう。"Take it easy."でいいんです。

オシャレを楽しみたい方には「プチ私服の制服化」がオススメ

なかには、いろんな服が着たい!楽しみたい!って人もいるでしょう。それはそれでいいと思うんです。そこに価値を、幸せをおいているわけですから。女性なんかは時と場合によって服装やテイストなどを細かく変えている、と聞くので実現には難しいかもしれません。そういった方は「プチ私服の制服化」をしてみることをおすすめします。ぼくみたいにがっつり「私服の制服化」をすると、先述のように、ほぼ同じ。「プチ私服の制服化」とは、パターンをひとつにせず、部分的に制服を何通りかにする、曜日で決める、一部分だけ制服化してしまう、などが考えられます。

特定の曜日に「私服の制服化」をする

朝に時間のない、仕事のある平日だけにしぼって、着る服を思いきって2、3パターンにしてみましょう。「私服の制服化」を実践すると意外に楽かもしれませんよ。

1枚だけ「私服の制服化」をする

ブラウスだけ、あるいはジャケットの下に着る物だけ同じものにして、パンツやジャケットは変えて着まわしする。ぼくの場合だと、基本的に白Tシャツがそれに当たります。

まとめ

制服化について、色々書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。サラリーマンも主婦のかたでも誰でも実践できる、合理的なミニマリストのライフスタイル。是非お試しください。