SUITABLISM

LESS FOR MORE.

1日5食で食べ過ぎ注意!?ピースボートでの食事事情

7/7 Tanabata, Birthday Dinner

ピースボートでの世界一周の船旅を経験してからというもの、よく聞かれるのは食事事情。

「食事はおいしいの?」などよく聞かれる質問ですし、ネット上では「ピースボートの食事は美味しくない」などの記載もよく見かけます。僕が乗船したのは2013年、2011年なのですが、いずれも美味しかったと断言できます。

料理長は日本の方ですし、食事で不満があるという若者を僕は知りません。豪華客船のコースやホテルのディナーなどと比べると見劣りはするかもしれませんが、不満が出るほどではないでしょう。

こういったピースボートの食事事情はあまり情報がないので不明点が多いので、乗船経験のある僕がシェアしたいと思います。

ピースボートの食事事情

これから乗船を予定している人たちのために、ピースボートの食事事情について紹介してきます。

こちらの記事を通して

  • ほぼゼロ!?ピースボート船内における食事の費用
  • 和洋中なんでも選べる!食事の内容
  • 船内におけるカフェやレストランの場所・営業時間

などのピースボートにおける食事事情から

  • 船内で是非食べたい!おすすめのドリンクやフード

などのおすすめ情報を提供していきます。

食事代はほぼゼロで済んじゃう船内生活

1回のクルーズ期間は、だいたい100日前後あります。単純に考えて、朝昼晩と1日3回ご飯を食べるとすると、1人300食分。見出しにあるように、船内における食事300回分を自費で払うことはありません。3食分は基本船賃に含まれているので、ただ出てきたものを食べるだけで済みます。基本的には食事にかかるコストはゼロなのです。

3食以外にもアフタヌーンティーが無料で利用できます。後述しますが、毎回ケーキ類、スコーン、フルーツゼリーなど日替わりで1日3種類ほどが食べられます。ドリンクは、コーヒー、紅茶など。

また基本的にはビュッフェ形式のため食べようと思えばお腹いっぱいまで食べることもできます。

以下に、船賃に含まれており無料で利用できるレストランを紹介していきます。

無料で利用できるカフェ・レストラン(基本船賃に含まれているもの)

モーニングコーヒー
  • 9F パノラマビュッフェ
  • 6:00-7:00

船内で焼き上げたパンやコーヒー、紅茶などが利用できます。寄港地に早朝着くこともあるので、パノラマデッキからコーヒーを飲みながら、近づいてくる次の国の港町を眺めている人もいます。

朝食(和食)
  • 4F リージェンシーレストラン
  • 7:00-9:00
  • ビュッフェ形式

8種類のサラダバー、ヨーグルト、きんぴらごぼう、鮭などの和食おかず(焼き物、煮物など)、中華系おかず(揚げ物など)、ゆで卵、卵焼き、味噌汁、白ご飯、おかゆ、フルーツ(オレンジ、バナナ、スイカ)などが日替わりで食べられます。飲み物は、ミルク、オレンジジュース、コーヒー、紅茶など。

リージェンシーレストランでは、クルーによって席が勝手に振り分けられます。友人同士が離れることはありませんが、船内で話したことがない人とも同じテーブルについて会話をすることもあります。老若男女いろんな出会いがあり、そこで会話に花が咲くことも。ご年配の乗客の方はこちらをよく選ばれるようです。ご年配の方からいろんな人生経験を伺ってみたい方にもオススメです。

朝食(洋食)
  • 9F リドビュッフェ・パノラマビュッフェ
  • 7:00-9:00
  • ビュッフェ形式

食べ物はパンケーキ、フレンチトースト、食パン、サラダ、ゆで卵、スクランブルエッグ、ベーコン、ハム、ソーセージ、ヨーグルト、ハッシュドポテト、フルーツなど日替わりで変わります。飲み物は、ミルク、オレンジジュース、コーヒー、紅茶など。こちらもビュッフェ形式で食べられます。

席は自分の好きな場所へ行けます。デッキなので、外で食べることも可能です。ちなみに、リドデッキとパノラマデッキは同じメニューです。朝日が昇る水平線を眺めながら朝食、なんて贅沢な一日の始まりを味わうことができるのでオススメです。

昼食(和食)
  • 4F リージェンシーレストラン
  • 11:30-13:30
  • ビュッフェ形式

サラダバー(8種類くらい)、肉じゃがなどの和食おかず(焼き物、煮物、揚げ物)、唐揚げなどの中華系おかず(揚げ物)、グラタンなどの洋食おかず、スープ類、ご飯類など日替わりです。飲み物は水、コーヒー、紅茶など。昼食もメインレストランでは、席がクルーによって振り分けられます。

昼食(軽食)
  • 9F リドビュッフェ
  • 11:30-13:30
  • ビュッフェ形式

サラダ、ラーメン、うどん、ベトナムフォーなどの麺類、わかめごはんなどが日替わりです。飲み物は、水、コーヒー、紅茶。席は自由に選べます。

昼食(和洋)
  • 9F パノラマビュッフェ
  • 11:30-13:30
  • ビュッフェ形式

サラダ、パスタ、白身魚のフライ(サンドウィッチ)、ハンバーガー、ポテト、スープ類、ご飯類など日替わりです。飲み物は、水、コーヒー、紅茶。席は自由です。

アフタヌーンティー
  • 9F パノラマビュッフェ
  • 15:00-16:00
  • ビュッフェ形式

クッキー、パウンドケーキ、チョコレートーケーキなどのケーキ類、スコーン、フルーツゼリーなど日替わりで1日3種類ほどが食べられます。飲み物は、コーヒー、紅茶など。

夕食(メインレストラン)
  • 4F リージェンシーレストラン
  • 17:30-18:30(食事カード・緑)
  • 19:30-20:30(食事カード・橙)
  • デザート付き
  • アルコール有料

入れ替え制となっており、乗船初日に渡される「食事カード」の色によって振り分けられています。30歳以下の乗客は、遅めの食事の橙カードを渡される場合が多いです。

日によって、定食が出たり、コース料理が出たりします。定食だと、チキン南蛮とビーフンの定食や、角煮定食など。クリスマスなどスペシャルディナーの日は、コース料理になります。嬉しいことに、毎日デザートも出ます。エクレア、杏仁豆腐、クリームブリュレなど。飲み物は、水、コーヒー、紅茶は無料。有料で、ビールやワインなどのアルコールも販売しています。席はやはり振り分けられます。

夕食(丼物など)
  • 9F リドビュッフェ
  • 17:30-19:30

親子丼、唐揚げ丼など。サラダはコールスローかキャベツサラダがほとんどです。汁物、スープ類、漬物など。飲み物は、水、お茶などがあります。席は自由です。

メインレストランでの夕食と時間帯がずれているので9Fで丼ものを食べてから4Fメインレストランにてコースを食べる「ダブルで夕食」をとることも可能です。また、メインレストランのデザート目当てで、9Fで丼ものを食べて、時間を空けてから4Fメインレストランにてデザートだけ出してもらう人も。

ここまでが全て無料で食べられるカフェ・レストランですが、十分すぎる量ですよね。食事の時間を遵守できるのであれば船内におけるコストはかなり減らせるでしょう。女性の乗客の中には食べ過ぎによって5〜10kg近く太ってしまう方も?食べ過ぎには注意したいところですね。

有料で利用できるカフェ・レストラン

今から紹介するバーや居酒屋のでの飲食は有料のサービスです。決済方法はすべてルームキーが連動されたクレジットカードです。値段は僕が乗船した際の値段なので参考までに。

カフェ&バー カサブランカ
  • 8F
  • 8:00-24:00

各種フレーバーコーヒーやスペシャルコーヒー、ソフトドリンクやサンドイッチなどの軽食が利用できます。朝食の時間に間に合わなかった場合や、読書のおともにフレーバーコーヒーが飲みたくなった時などにオススメです。

  • フレーバーコーヒー(全320円)
    チョコレート、マカダミアナッツ、チャイコーヒーなどがあります。

  • スペシャルコーヒー(全420円)
    アイリッシュ・コーヒー、ジャマイカコーヒー、フレンチコーヒーなどがあります。

  • ソフトドリンク
    コーラ(190円)、ペリエ(220円)、オレンジジュース(240円)、マンゴージュース(240円)、クランベリージュース(240円)、ノンアルコールビール(320円)などがあります。

居酒屋 波へい
  • 9F パノラマビュッフェ
  • 17:30-翌2:00

ピースボートの船内には「波へい」という名の居酒屋があります。メニューは日本にある居酒屋と大差ないメニューがあります。枝豆(330円)、漬物(330円)、から揚げ(460円)、こぼれフライドポテト(420円)、醤油ラーメン(650円)などのメニューがそろっています。

航海していく中で寄港地で入荷される限定メニューなどはすぐに売り切れてしまうほどの人気があります。

その他
  • クラブバイーア
  • パノラマバー
  • ピアノバー

といったバーやクラブがあります。それぞれの雰囲気も異なるのでご自身の好みでいきつけのお店、探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

増量注意!1日5食たべてしまう船上の食事!

ピースボート、船内での食事はいかがでしたか?モーニングから夕食まで全て足を運べば1日5食。さらに夕食は、9Fリドレストランと4Fメインレストランをハシゴし、その後みんなで居酒屋「波へい」で乾杯、クラブ「バイーア」で飲みながらカラオケ・・・となると、1日にすごい量の食事量になることも。

船内だけでなく各国でも美味しいご当地グルメが待っているということを考えると、特に女性の方は太る可能性が高い環境だと言えます。食生活をしっかり管理しないと5〜10kgすぐに太ってしまいかねませんので、船内のジムやヨガクラスなどでていきてきな運動習慣を身につけることをお忘れなく。

スポンサードリンク